前へ
次へ

肩こりは決して放置しない

頭と首、さらに腕を支える土台の肩ですが、慢性化していても整形外科や整体などで治療をすることもなく、湿

more

肩こりの対策や予防を知っておこう

症状によって整体や整骨院にてマッサージを受けたり、鍼・灸をすえてもらいましょう。これからの季節(秋冬

more

肩こり解消におすすめの体操

私は小学校高学年の頃から肩こりにずっと悩んできました。年を追うごとにどんどん酷くなっていき、仕事を始

more

肩こりはに日常的に対策をする

肩こりに悩む方は、日常生活でも対策をすることも必要です。痛みが気になる、こりが酷い状態で、何も対策をせずにいても改善は見込めません。ストレッチを定期的に行うことや肩に対して過度な負担をかけないことなどが重要だといえます。特に、作業時間が長く、同じ姿勢を保ち続ける場合には首や肩などがこりやすいのも事実です。デスクワークの方や立ち仕事などをしている方などは、ある程度休憩をはさむなどして少し肩を回してみるなど軽めのストレッチを休憩中に行うことで対策をしてみることも大切です。私生活でも、重いものをよく持つという方や右や左のどちらかの肩にかばんなどをかけて持ち運ぶなど片側だけに負担をかけている場合など肩こりの原因になることもあります。その他にも、腕を上にして棚にあるものを下す、掃除などで壁や天井などの汚れを落とすなどの作業も首や肩に対して負担がかかるため、長時間の作業は控えるようにしましょう。このように、仕事や私生活で肩に対して負担のかかる作業をしていないかなど自分なりにチェックしてみましょう。思い当たる原因があるという場合には、少しでも肩に対して負担がかからないように作業を減らすか工夫をして肩に対して負担が軽減するように対策をすることが大切です。肩こりが慢性的な状態になると、生活上支障が出る可能性もあります。悪化を防ぐためにも、湿布などを貼って対策をする、医療機関などに通ってきちんとした治療を受けることなども有効な手段です。人によっては、スポーツで肩を痛めてしまう、こりが酷くなってしまうこともあります。肩の使い過ぎには注意する必要がありますが、過度なトレーニングなどをしてしまって肩に極端に負担をかけてしまうこともあるでしょう。整骨院などに通って、痛みやこりなどを少しでも軽減できるように対策のため通ってみるなど悪化を防ぐことが重要です。肩に対して負担をできるだけかけずに過ごすこと、痛みやこりがある場合には対策をして悪化を防ぐことが大切だといえます。

Page Top